絞り込み検索

僕は天使じゃないよの感想

僕は天使じゃないよの詳細

パッケージ"
値段3850円
発売日2016/10/07
ジャンル辱め,サスペンス,ダーク系,SM,縛り・緊縛,デモ・体験版あり,時代モノ,Windows10対応作品,シナリオがいい,音楽がいい,世界観がいい,FANZA GAMES スーパーSALE in スプリング,今なら誰でもポイント還元キャンペーン
メーカーcm

SM好きなや美少女のファンなら買いのアダルトゲーム!

詳細はこちらから ※FANZA公式サイトへ飛びます

僕は天使じゃないよの画像

",",",",",",",",","

僕は天使じゃないよの口コミ

想うことが確かな未来に繋がる訳ではない。分岐の数だけ救いがある。叩きつけられた感傷の中で彼女たちが何を思ってきたかを各々最後に語ってくれる、このノスタルジックにただただ胸を打たれる。

「けれど…わたしはあなたの思っているよりずっと肉に近い女です。殺されるほどの激しい責めを、わたしの肉が期待しているのです」

狂気をテーマにした作品として、とても完成度が高かったです。

作中の雰囲気は好きですが、あまりにも各ルートが短いです

雰囲気とテキストが素晴らしい。読んでいてとても面白かった。柘榴ちゃんが好きです。

鬱ゲーと言ってしまえば簡単だが、この作品をそんな言葉で終わらせたくない。苦しみの先に待ち受けているのは、やはり苦しみだったが、苦しみ続ける中で淡く光る綺麗なモノを見つけることができた。彼女に出会えてよかった。

雰囲気たっぷり、これぞSMの世界!

大正ロマン劇文体のSMノベル

心情描写を徹底的に廃し、淡々とした事実と台詞だけで構成された独特のテキストで語られるSM調悲劇ノベル。登場人物みな腹に一物抱えた難儀な性格のキャラばかりであり、 あえて描かれない彼/彼女らの心情を想像しながら読み進めるのは中々難しいが、それ故に先の読めない面白さを味わえたし、キャラへの強い思い入れが出来た。SMという「苦痛」なくては生きている実感を感じることが出来ない、ある意味精神的に狂ってしまった人物たちが迫力をもって描写されていた。エロゲで戯曲のようなテキスト運びをする作品はかなり珍しいが、個人的には十分アリだと思う。全てを描き切らないからこそ、キャラ描写の深みや退廃的な世界観に魅せられる独特な魅力ある一作であった。

主人公とヒロインが互いに救いを求め合い、罪と罰を与え合う。そんな話か。退廃的かつ宗教色の強いエロゲで、主人公は良い所無しの超ダメ主。共感できる人できない人がはっきり分かれそう。柘榴√はよく分からなかったけど、百合乃・ローザ√はとても響きました。BGMが全体的に高品質なのも好印象。「天使も許さぬ愛ゆえに」はピアノソロの音楽としてエロゲBGM史に書き残すべき良曲。さっぽろももこ氏が書いた水仙花の名BGM「水仙の君」や、エロゲピアノソロBGMの名曲「こころ流れゆく場所」(めぐり、ひとひら / キャラメルBOX)と十分張り合える。

辱め好きにはたまらないエロゲー!

詳細はこちらから ※FANZA公式サイトへ飛びます

僕は天使じゃないよの感想

辱めをするJKが良かったアダルトゲームです。

美少女のマンコがエロいアダルトゲームでした。

割れ目がエッチな美少女を見たい人におすすめのエロゲです。

以下に当てはまる人がおすすめです。

■JDのエロさが詰まったエロゲーです。辱めを中心としたアダルトゲームを楽しみたい人。

■JDの辱め系でしごかれたい人。

■JKのエロいオマンコに興奮したい人。

辱め好きにはたまらないエロゲ!

詳細はこちらから ※FANZA公式サイトへ飛びます

僕は天使じゃないよのエロシーン

このエロゲは、ギャルの恥ずかしさだけでなく、マンコから溢れ出る姿もいいんです。

おまんこから溢れ出る姿もエロいです。

発情したJDが、腰を振って辱めする姿は必見です。

緊縛好きなや素人のファンなら買いのエロゲー!

詳細はこちらから ※FANZA公式サイトへ飛びます