感想・レビュー

【ラズベリーキューブ 感想】2018年の神エロゲー!【まどそふと】

ラズベリーキューブまどそふとより発売されたエロゲーです。

最高級の「可愛いヒロインとの恋愛」が楽しめるラブラブなストーリーが魅力です。

2018年には萌えゲーアワード2018 準大賞・主題歌賞を取りました。

主題歌「raspberry cube」が素晴らしいと評判です!準大賞も取っており、2018年の人気作品であることが裏付けされましたね。

この記事ではラズベリーキューブについての魅力をご紹介させて頂きます。

この記事では以下について説明します

  • ラズベリーキューブはどんなゲームか
  • ラズベリーキューブの魅力ポイント
  • キャラクターについて
  • ストーリーについて
  • 気になったポイント
  • エロシーンについて

ゲーム情報

タイトルラズベリーキューブ
価格7,800円
原画はすね
シナリオ近江谷宥

紹介ムービー

ラズベリーキューブとは

4人のヒロイン、「桜庭・ヴィクトリア・瑠莉」大家の娘さん「海道 美琴」ミリタリーショップの看板娘「結月 悠」畑を耕す園芸部部長「狩野 みなと」

それぞれ個性あふれるキャラクター達とあまずっぱい恋を箱庭で繰り広げる、恋愛ストーリーが魅了のタイトルです。

一昨年には『ワガママハイスペック』が大賞・金賞を、昨年にはその続編『ワガママハイスペックOC』がファンディスク賞を受賞した、まどそふと。

その最新作『ラズベリーキューブ』は、見事準大賞となった。「可愛いヒロインとの恋愛」をストレートに押し出したとメーカーが言う通り、本作の最大の魅力は、可愛いヒロイン。
学園や街を舞台に、“ミステリアスな完璧系生徒会長”“わんこ系農業ガール”など、4人の個性的でキュートなヒロインたちと、明るいラブコメ&濃厚なイチャラブHをたっぷり楽しめる。
その恋愛の楽しさに没頭できるのは、総合的な完成度の高さがあってこそ。ノリノリでテンションが上がるオープニング。ポップでセンス溢れるグラフィック。楽しい掛け合いを増幅させてくれる心地良いBGM。ストレスを全く感じさせないシステムと演出。そして安心して楽しめ軽快に読み進められるシナリオ。

全てにおいて最高レベルなクオリティを誇る環境があってこそ、可愛いヒロインたちとのラブコメに没頭できるのだ。
本作のグラフィックを見てヒロインにグッと来たら、是非本作をプレイすべき。
最高級の「可愛いヒロインとの恋愛」が楽しめる事請け合いだ。

http://moe-gameaward.com/prize/2018/gp.html#p04 (BugBug編集部 編集長 大澤忠基)

ラズベリーキューブの魅力ポイント!

ポイント

  • いままでのまどそふと作品から「可愛いヒロインとの恋愛」という部分をストレートに押し出した作品です。王道であり定番のテーマを最高の可愛さと最高のクオリティでお届けます。
  • 通常シーンも終始明るいコメディを押し出し、鬱展開を排除しストレスフリーで安心してプレイできるシナリオになっております。マップ選択によって能動的にヒロインたちと仲良くなることで「攻略」する楽しさを味わえます。
  • 個別ルートのシナリオはヒロイン一人ひとりの恋愛過程を濃厚に描き、付き合った後のイチャラブシーンやエッチシーンも盛り沢山!エッチシーンは各ヒロイン5シーン以上確保します。(マニアックなエッチシーンも!)恋人になったあとのお楽しみ要素も満載です。

王道のテーマでいちゃいちゃラブラブストーリーを全開で直球勝負ですね。最高の可愛さとグラフィックと謡っている通り、とにかく萌え殺されるような内容です!

鬱シーンやシリアスは一切ないと宣言してあるので、苦手な人にも安心なワイワイするストーリーです。こういう配慮があるのはさすが大手メーカーですね。

エロシーンにも力を入れており、変わったシチュエーションもたくさんで素晴らしいです!
エロシーンは連続で続くことがあるので、実質的には9シーンぐらいはあるボリューム感で、量も質も満足です。

キャラクターについて

桜庭・ヴィクトリア・瑠莉

会うたびに主人公に罠を仕掛けてくる、謎の美少女(巨乳)。
最初は町、次第に家の周辺や学園でも姿を見かけるようになるが、いつも一人でほとんど口を開くこともない。実は学園の生徒会長で文武両道の完璧超人。その凄まじさは、「一人でできるから」と生徒会の全役職を兼任していることにも表れている(この学園の役員は任命制)。
孤高の美女、アイスビューティ――
その実、ただの電波な厄介さんであることを主人公だけは知っている。

ポイント

デレるまでが非常にウザいですが、デレてからの常軌を逸したラブラブアピールが、またウザい……いや、ウザ可愛い!

シナリオでは、瑠莉ルートの、大好きな人を守りたいっていう思いは女の子にだってあるんだという事。
そして、そんな女の子と同じ様に真っ直ぐな優しさを返すテーマが魅力です!

海道 美琴

主人公とは遠い親戚。しっかり者で家事全般得意だが、少し天然なお姉さん。特に異性への警戒心は低く、平気でパジャマのまま主人公に話しかけたり、落ちている新聞を無造作に拾ったりと、色んな意味でハラハラさせられることも。経営が傾いているアパートを家族で経営していて、父親がいけないところに借金して蒸発した(?)ため、なかなか生きづらいことになっている。主人公の引っ越しが決まった後でこういう事態になったため、申し訳なく思っている様子。
優しくて穏やかな、誰からも好かれるお人柄(ただし借金取りつき)

ポイント

意外に子供っぽく拗ねてみせたり、交換日記で萌え転がってみせたり、そんな素直な感情表現をする朗らかな天真爛漫さが美琴は可愛い!

個別ルートは優しい美琴と変な住人達との楽しい日常、そして、家族と大切な場所を守ろうとする彼らの優しさが暖かいストーリーです。

結月 悠

ぱっと見ギャル。家がミリタリーショップ&カフェを経営していて、(本人曰く)渋々手伝いをしている。元は普通のカフェだったのに、最近は改装も進み、すっかり父親と仲間達の根城化していることを不満に思っているようで、店の常連に対しては、顔をあわせれば「働け」「オタ」と悪口三昧。だが、彼女の罵倒とおいしいコーヒーは大変なご褒美と評判で、客足が絶える様子はない。そんな空気を疎ましがったり罵ったりしながらも、なんだかんだ息のあった掛け合いをしていたりと、本人もそう悪くは思っていない……かも?なお、このことは学園では内緒にしていて、偶然に主人公に知られてからも口止めしてくる。見た目とクールな雰囲気から大人っぽく見られているものの、男女関係の経験はからきし。実は純情。

ポイント

ツすぎないツンと、わかり易すぎる『デレ隠し』、そして頭の悪さが愛おしい。
ちょっとチョロいとこはあるけど、そこもまた可愛いポイント!

個別ルートは家族や仲間たちとのドタバタで楽しい日常。
そして、家族を失ったばかりの主人公が、徐々に新しい家族として認められていく過程が素敵です。

狩野 みなと

新入生。先輩部員達がいなくなって打ち捨てられていた園芸部(が管理してた畑)の惨状を見て一念発起。畑を一人で整備し直して、新生園芸部の部長に就任した。現在は一人で畑を管理しながら、新入部員獲得に励んでいるが誰も入ってくれない。朝5時集合とか毎日天候に関係なく畑の世話をしないといけないのとかが理由なのだが、本人は熱意の問題だと思っている様子。ちょっとおバカな一面もあるが頑張り屋さんで誰からも好かれるタイプ。友達も多い(部活に入るかは別として)。ただし、少しやりすぎて自分を見失う一面も。おばあちゃん子で祖母が農家。農業の知識は祖母から伝授されたもの。

ポイント

天真爛漫の塊。子犬系の後輩キャラは、あけすけな物言いや、強すぎる農業愛(?)
で、ちょっと空回りするのですけど、それでもメゲない元気さと逞しさが可愛い。

個別ルートは主人公がみなとの大切な人に認められて、みなとを支えていこうと
誓う事、そして、みなとの明るさと一生懸命さがキュートです!

ストーリーについて

――俺はここから変わる。
――人に優しく生きる。
――具体的には、一日一善くらいを目指すんだ。

とある事情から『人に優しく生きること』を心に誓った主人公吾妻悟。
両親の離婚で一度は去ったこの町、「河江」で心機一転、一人暮らしを始めることに。
チンピラに絡まれていた大家の娘さん海道美琴を助け……。
たった一人で畑を耕す園芸部部長狩野 みなとの手伝いをして……。
放課後は人手の足りないミリタリーショップの看板娘結月悠とアルバイト……。
一見順調に見えた悟の人助け生活。
しかし学園の生徒会長・瑠莉の時だけは何かが違った。
初遭遇の翌日、悟の前に再び彼女が現れる。
さてはお礼を言いにきたんだな?と追いかけていくと……

ズボッ、と。

悟の下半身が土に埋まる。
「……落とし穴?」
パシャリ。
瑠莉は悟のマヌケな姿を写真にとって去っていく。
助けたはずなのに、この仕打ち。
「俺……なにか恨まれるようなことしたっけ?」

数年ぶりに戻ってきた故郷での新生活は、波乱の予感――

ポイント

共通は短く、個別ヒロインとの恋愛ストーリーが多めです。

ヒロインと仲良くなるまでの過程、付き合ってからのいちゃラブシーンとエッチシーンを堪能したい人におすすめのストーリーです。

気になったポイント

不快感を排除したせいか、ストーリー内容が浅くなってしまっています。

そのため、いちゃラブイベント以外の感情移入を期待している人には残念な内容かもしれません。

シリアスや成長する物語を大事にしている層を取りこぼしているのが勿体ないなと感じました。

エロシーンについて

美琴と抱きしめ合いエッチ

ポイント

美琴と向きあって下からつきあげるように入れちゃいます。

フリフリしたお尻とちらりとしたおっぱいがたまりません!

バックで悠に生挿入でぶっかけ

ポイント

悠に生挿入でぶっかけてしまいます。

エッチなお汁が垂れてるのがまたエロをそそりますね。

瑠莉とスク水騎乗位セックス

ポイント

ロリ瑠莉の巨乳おっぱいを見せつけられながらエッチしちゃいます。

スク水×ロリ×巨乳=最強です。

みなとのスク水を穿いてお外でエッチ

ポイント

みなともスク水でエッチシーンがあります。

瑠莉とは違って微乳おっぱいが小房に実っててかわいらしいです♡

悠とサバゲー中にセックスバトル!

ポイント

悠とサバゲー中にセックスしてしまいます!

サバイバルバトルよりもセックスでバトルしちゃってます。

美琴が巫女服でフェラチオ

ポイント

美琴の巫女服にぶっかけエロシーン。

巨乳おっぱいの乳首がツンとしててコネコネしたくなります。

瑠莉のおててシコシコでエッチな精子をおしぼり

ポイント

瑠莉のロリ巨乳おっぱいをぎゅうっと当てられながらおててでシコシコ♡

まるで小さいサキュバスのようなロリアクマです。

みなとの美乳でパイズリでぶっかけ

ポイント

小ぶりなおっぱいで一生懸命にシコシコしちゃってます。

かわいいロリ女の子にぶっかける背徳感、たまりません!

感想・レビュー

それぞれのキャラクターといちゃいちゃするストーリーで気楽に読めました!

個別ルートでは萌え死ぬほどかわいいかわいいとさせられてしまいました。

エッチシーンも極めて素晴らしく、まどそふとさんらしく、いちゃラブとしてまとまっていたのではと感じました。

まとめ

  • 魅力ポイントの通りの内容で、不快感を避けて作られててよかったです。
  • 綺麗なCGによるイラストが魅力で、綺麗でした。
  • いちゃラブで萌え殺されたあと、エロシーンに入るので、とてもヒロインのエッチシーンを堪能できました。

気になった方はよければこちらからどうぞ!

詳しくはコチラ

-感想・レビュー