MENU

【ふりーだむ王国】包茎がデカイ息子と金髪人妻が浮気する作品

"""""""""

男同士でしないように間を取り持つ設定は斬新だった。 これを最後まであかねさんと男の子たちがHするための理由付けにしたらいいのにと思った。 途中で他人少年があかねさんの性奴●化にするという話に変わった。 このため話が一貫性保てなくなり浮気をする羽目になる。 「ここどーでもいいところなんだよな」と読んでいて思ってしまった。。 浮気しちゃうと好感度さがるし、好感度下がると感情移入しにくくなるしよくない。人によるけど。 浮気が未遂に終わってチャラ男にさげすまれて傷つくぐらいでよかった。 でもなんでそういうエピソードを描かざるを得なかったのか、テーマが途中で変わったからだと思います。 BLを阻止するためにあかねさんが奮闘するで統一してればかなり良かったのに。

軽めの明るい作品になってしまうのは、ふりーだむ王国の作家性だ。しかし、あかねが最初からメス豚という設定、どうしても乗れない。あそこで性教育を始めてしまうとギャグ化されてしまう。すると、エロ度が下がる。とにかくエロ漫画の親は性的なものを遠ざける努力をしなければならない。その努力を上回るダークな存在がいてこそ成立するのだ。つまり、ハードルが低すぎて抜けないパターンなのである。もちろん、作家の性格上それができないのかもしれないが、ダークな世界に振り切っても必ず作家性は残るはずだ。あの出会い系の男のような残酷さが必要だし、理性を持ったあかねなら相当いい女になれるはずである。

トップ