MENU

【TTSY】ボテ腹人妻が室内でセックスする作品

"""""

雪で会社に閉じ込め状態の同僚とエッチするお話です。 セックス中の電話となると女性が喘ぎ声を必死に抑えてというのが定番ですが、遠距離恋愛中との彼女と通話しながらのエッチというのは珍しいパターンですね。

黒金さつき先生らしさのあるお話でした。 少し物足りなさがありましたが良かったです。

漫画の直感性は詩に似ていると思う。ポンチ絵や4コマ漫画が俳句や短歌とすれば、この10頁程の小品は、例えば立原道造のソネットのような短い定型詩になぞらえることができるのではないだろうか…。そんな思いで久し振りに立原の詩集を開いてみた。そして、有名な表題の詩を読んだとき、少し強引なこじつけとは思うが、そのオマージュとして本作品をとらえることができるのではないかと感じ、興奮した。 「ささやかな地異はそのかたみに/灰を降らしたこの村にひとしきり/灰はかなしい記憶のやうに音立てて/樹木の梢に家々の屋根に降りしきった//その夜月は明かつたが私はひとと/窓に凭れて語りあつた(その窓からは山の姿が見えた)/部屋の隅々に峡谷のやうに光と/よくひびく笑ひ声が溢れてゐた//―人の心を知ることは…人の心とは…/私はそのひとが蛾を追ふ手つきをあれは蛾を/把へようとするのだろうか何かいぶかしかつた/火の山の物語と…また幾夜さかは果して夢に/その夜習つたエリザベートの物語を織つた」 文学が淫靡な衝動を内包していることはままある。私は、本作品によって、立原の新しい読み方を手に入れた…ということだけは真実である。

トップ