BGMあり これは「現実」に起こりうる「最悪」のシチュエーションだ。

現代大戦略2001〜海外派兵への道〜

現代大戦略2001〜海外派兵への道〜 ■ブランド:システムソフト・アルファー
■登録日:2005年9月15日
■対応OS:98Me2000XP
■原画家: 非公開
■シナリオ: 非公開
■購入者評価平均点:−−−−−
■動作環境
WindowsXP/Me/2000/98日本語版●CPU Pentium200MHz以上●メモリ 64MB以上●HD空き容量 50MB以上●ビデオカード 800×600ドット、16bit HighColor以上の表示が可能な環境●その他 DirectX8が動作可能な環境

■価格:\4,610(税込)
■BB5ポイント:69ポイント

ライセンスB-Lunch

DOWNLOAD
(17.4MB)



これは「現実」に起こりうる「最悪」のシチュエーションだ。

現代大戦略2001〜海外派兵への道〜現代大戦略2001〜海外派兵への道〜現代大戦略2001〜海外派兵への道〜

 パソコン版累計80万本の出荷実績を誇る『大戦略』シリーズをベースに、新たなシナリオを追加。現実に世界各地で起こっている紛争や、一触即発の緊張が続いている地域を、14本のシナリオにしてゲームに採り入れました。

 全シナリオのマップには、現実の軍備データを元にすべての部隊が初期配置されています。限られた軍備の中で、いかに勝利条件を満たすように戦うか?現代戦ならではの臨場感が堪能できます。

 軍事ジャーナリスト清谷信一氏を制作スタッフに迎え、可能な限り実際の最新軍備をシミュレートしました。

「21世紀、自衛隊は海を越えた!」

現代大戦略2001〜海外派兵への道〜  2001年4月の小泉内閣の誕生後、靖国参拝問題や教科書問題などで、近隣諸国との軋轢が高まり、一歩間違えば本ゲームのシナリオのように、自衛隊の海外派兵にもつながりかねない状況の中、はたして自衛隊は日本を守ることができるのか……。


リアルさを追求した戦慄のシナリオ14本

  • 「第2次朝鮮戦争・ソウル奪回戦」
  • 「第2次朝鮮戦争・仁川上陸作戦」
  • 「第2次朝鮮戦争・日本参戦!」
  • 「2つの中国・台湾海峡海戦」
  • 「2つの中国・台湾炎上!」
  • 「南沙諸島争奪戦」
  • 「印パ核戦争勃発!!」
  • 「第5次中東戦争・ゴラン高原の戦い」
  • 「第2次湾岸戦争」
  • 「再燃!コソボ紛争」
  • 「中国内戦・燃える紅旗」
  • 「日韓激突!敵はイルボン」
  • 「日韓激突!ソウル占領」

シリーズ最多の最新兵器・特殊兵器の数々

現代大戦略2001〜海外派兵への道〜  総兵器数は大戦略シリーズ最高の580種類。

 イラク軍の弾道ミサイル「アル・フセイン」や、アメリカ海兵隊の次期水陸両用戦闘車「AAAV」など、従来の大戦略には登場しなかった最新兵器や特殊兵器が多数(約100種類)登場します。

すべて現実を忠実にシミュレートした軍備配置

 全シナリオのマップには、現実の軍備データを元にすべての部隊が初期配置されています。限られた軍備の中で、いかに勝利条件を満たすように戦うか? 現代戦ならではの臨場感が堪能できます。

今までの大戦略と一線を画するゲームシステム

 新たに追加された特殊部隊を使うと、敵地の奥深く輸送機で潜入し空挺降下の後、破壊工作をするなど、従来にない作戦を取ることができます。また弾道ミサイルも本格的に運用することができるようになりました。

軍事ジャーナリスト・清谷信一氏が制作スタッフとして参加

現代大戦略2001〜海外派兵への道〜 「現代戦車のテクノロジー」(アリアドネ企画)、「真・大東亜戦争シリーズ」(KKベストセラーズ)「不思議の国の自衛隊」(KKベストセラーズ)などの著書・プロデュース作品で知られる軍事ジャーナリスト清谷信一氏を制作スタッフに迎え、可能な限り実際の最新軍備をシミュレートしました。

世界情勢を忠実に反映し、時事問題に興味ある方にもお勧め

 紛争に至った経緯、世界情勢による軍事的背景などについても解説を加え、シミュレーション・ゲームに終わらない奥深い内容となっています。

©SystemSoft Alpha Corporation
購入者サロン◆評価点 / −−−−−