BGMあり 超弩級戦略ウォーシミュレーション

太平洋の嵐5

太平洋の嵐5 ■ブランド:システムソフト・アルファー
■登録日:2009年3月20日
■対応OS:98Me2000XPVista
■原画家: 非公開
■シナリオ: 非公開
■購入者評価平均点:−−−−−
■動作環境
OS:Windows Vista/XP/Me/2000/98日本語版
CPU:PentiumIII 1.0GHz以上(Pentium4 2.0GHz以上を推奨)
メモリ:128MB以上(512MB以上を推奨)
HDD容量:800MB以上
表示環境:1024×768ドット、32ビットTrue Color以上のカラー表示が可能な環境。DirectX9.0以上に対応し、AGP接続されたVRAM64MB以上を搭載したグラフィックアクセラレータボードが必要(VRAM256MB以上を推奨)
その他:DirectX9.0が動作可能な環境

■価格:\9,047(税込)
■BB5ポイント:135ポイント

ライセンスB-Lunchお試しあり

DOWNLOAD
(518.8MB)



「超弩級戦艦大和、暁に出撃す!」

太平洋の嵐5 「太平洋の嵐」シリーズは、太平洋戦争を舞台にしたゲームとして戦史ファン、戦略シミュレーションファンに好評を博し、これまでに累計で150,000本以上が販売されたシステムソフト・アルファーの人気製品です。

今回の「太平洋の嵐5」はプレイ画面が一新され。「兵器」と「地形」を3Dで表現しています。これにより太平洋戦争の臨場感が高まり、特に戦闘シーンにおいては多数の兵器が実戦さながらの艦隊戦・航空戦を激しく繰り広げ、大和やゼロ戦の雄姿を堪能することができるようになっています。

太平洋の嵐4 また、これまでは日本陣営からのプレイのみとなっていた点を改良し、アメリカ陣営からでもプレイがおこなえるようになっています。これにより、シナリオも多彩となり、「大和の水上特攻」「硫黄島の戦い」などの史実戦から「米ソ決戦」などの仮想戦まで、総数はシリーズ最多の22本と圧倒的なボリュームを誇っています。

 他にも、戦略ゲームの肝となる「物資の輸送」「人員の起用」「兵器の開発」などの画面構成を一新することで操作性を大幅に改善し、初心者でも気軽に楽しめるプレイアビリティを実現しています。


多彩な戦闘パターンによる迫力の3D戦闘

『太平洋の嵐5』では全面的にグラフィックを2Dから3Dに一新!戦闘アニメーションでの地形・建造物・兵器すべてを3D化することにより、迫力の戦闘を表現しています。  また、戦闘パターンは使用する戦闘機や艦船などにより様々に変化!当時の戦闘を徹底的に調査する事でリアルな挙動を再現し、多彩な戦闘パターンを楽しむ事ができます。


新規に3Dモデルで作成された300を超える豊富な兵器ユニット

 太平洋戦争中に実際に使用された代表的兵器を網羅!史実では終戦により間に合わなかった開発途上兵器も登場し、約370にも及ぶ兵器が画面狭しと暴れまわります。  また、各兵器は可能な限り忠実に再現!リアルな3Dモデルは兵器マニアにも納得して頂けます。

画面レイアウトと操作性を一新し、より快適な操作性を実現!!

 初心者の方でも気軽にプレイできるように画面レイアウトと操作性を一新し、より快適なプレイを実現しています。  また、マップ画面は3D表示と2D表示の二種類を用意しており、プレイヤーの必要に応じて自由に切替えることができます。

更に高度な作戦がおこなえる『隊編成システム』の採用

太平洋の嵐5 『太平洋の嵐5』では戦闘システムに大きな改良を加え、前作まで低かった戦術性を強化しました。

 それが、『隊編成システム』と呼ばれるシステムで、艦隊内での艦船の隊配置(戦隊・支援隊など)により戦闘力・防御力が変化!

 戦闘能力に合わせて隊ごとで様々な作戦を取ることができ、プレイヤーの命令次第では劣勢な戦局を打開することもできます。

 ただし、複雑な操作を要求せず、命令自体は簡単なコマンド選択で行え、プレイヤーは気軽に戦闘を楽しむ事ができます。

日本軍側・アメリカ軍側どちら側からでもプレイ可能!

 今作『太平洋の嵐5』では、今までの『太平洋の嵐』シリーズではできなかったアメリカ軍側からのプレイが可能!

 ソビエトの首都モスクワからアメリカ東海岸までの広大な戦域を舞台に、イギリス・オーストラリア・オランダ・中国・ソビエトとあるシナリオでは同盟を組んで敵軍に挑み、別のシナリオでは敵対し世界の覇権を奪い合うなど、「硫黄島の戦い」などの史実にあった戦いはもとより、史実にはない戦争の「if」までも含め、バリエーションにとんだ様々なシチュエーションをご用意しております。

悲運の戦艦「大和」の活躍を堪能できるゲーム性

 太平洋戦争末期、無謀といえる作戦に参加し志半ばにして撃沈された、日本海軍最大の戦艦「大和」。

 「太平洋の嵐5」では悲運の戦艦「大和」に重点を置き、大和最後の出撃である水上特攻をモチーフにしたキャンペーンシナリオ「大和水上特攻」をご用意しました。

 プレイヤーの運用しだいでは、現実ではかなわなかった「大和」の沖縄への特攻のみならず、沖縄奪還も可能かも知れません。

 また、オープニングムービーも「大和」の水上特攻を基としたオリジナルストーリーとなっており、米軍機と「大和」の壮絶な戦いだけではなく、「太平洋の嵐」シリーズならではの史実と違ったラストシーンが用意されています。

©SystemSoft Alpha Corporation
購入者サロン◆評価点 / −−−−−