BGMあり 一つの街を舞台に繰り広げられる殺人サスペンスノベルズ

ひぐらしのなく頃に 礼

ひぐらしのなく頃に 礼 ■ブランド:07th Expansion
■登録日:2008年2月22日
■対応OS:
■原画家: 非公開
■シナリオ: 竜騎士07
■購入者評価平均点:−−−−−
■動作環境
Windows98/Me/XP日本語版に完全対応した機種●CPU Pentium2 400MHz 以上●メモリ 128MB 以上●表示機能 640×480(FullColor 表示可能な機種)●サウンド DirectSound に対応したサウンドカード●DirectX  DirectX 8.0a 以降●その他 マウスまたは同等の入力機器

■価格:\1,050(税込)
■BB5ポイント:15ポイント

ライセンスB-Lunch

DOWNLOAD
(356.3MB)



惨劇は不可避か。屈する他ないのか。でも屈するな。君にしか、立ち向かえない。

『ひぐらしのく頃に 礼』

■ご注意下さい

『ひぐらしのく頃に礼』は、『ひぐらしのく頃に』及び『ひぐらしのく頃に解』、祭囃し編をプレイ済みの方を対象にした物語です。礼には本編での物語(鬼隠し編〜祭囃し編)は同梱されておりません。

『ひぐらしのく頃に』及び『ひぐらしのく頃に解』を未プレイの方は、まずはそちらからお楽しみ下さいませ☆

■関連商品リンク

ひぐらしのなく頃に

惨劇は不可避か。屈する他ないのか。 でも屈するな。 君にしか、立ち向かえない。
【好評発売中】

ひぐらしのなく頃に 解

『ひぐらしのなく頃に解』は、『ひぐらしのなく頃に』の後編です。前編である『ひぐらしのなく頃に』は同梱されておりませんのでご注意下さい。
【2008/1/25 発売予定】

昭和58年初夏。
例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、
昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱を楽しませてくれた。

××県鹿骨市。県境にある寒村、雛見沢村。
 人口2千に満たないこの村で。それは毎年起こる。

雛見沢村連続怪死事件
(1979年〜1983年)

毎年6月の決まった日に、1人が死に、1人が消える怪奇。
巨大ダム計画を巡る闘争から紡がれる死の連鎖。
昭和中期に隠蔽された怪事件が、蘇る。
陰謀か。偶然か。それとも祟りか。

いるはずの人間が、いない。
いないはずの人間が、いる。

昨夜出会った人間が、生きていない。
そして今いる人間が、生きていない。

惨劇は不可避か。屈する他ないのか。
でも屈するな。

君にしか、立ち向かえない。

▼もっと詳しい内容は『ひぐらしのく頃に』特設ページで!

©07th Expansion/竜騎士07
購入者サロン◆評価点 / −−−−−